駅時刻表

[Ver2.05~]
駅時刻表一覧、もしくは(カスタマイズ)時刻表ビューの駅名欄で右クリックから「駅時刻表を開く」を選択すると、駅時刻表を開くことができます。
2.05.01EkiJikokuhyou-01.png
駅時刻表は、その駅を発車する列車を、時刻順に並び替えて、種別略称・時刻(分)・行き先を表示したものです。行き先欄には、駅の時刻表略称が用いられます。
駅時刻形式で、発時刻がない場合は駅時刻表の表示は不可です。具体的には、下りの下り着時刻駅および上りの上り着時刻駅です。
駅時刻表に表示される列車は、(1)その駅の駅扱いが停車で発時刻が設定されている。(2)その駅の一つ後が停車または通過である。の2点を満たしたものです。
したがって、A-B1-C/B2-D型の分岐路線の場合、B1駅の駅時刻表で表示されるのはC駅へ向かう列車のみとなります。
2.05.01EkiJikokuhyou-02.png
駅時刻表は、親種別表示の有効無効が設定可能です、[表示]→[親種別を有効にする]で、設定を切り替えることができます。
また、時刻表示は、路線ファイルのプロパティの「秒単位表示無効時の、秒単位処理方法(発時刻)」に基づきます。
[表示]→[発車番線を表示する]を有効にすると、行き先の下に番線表示行が追加され、発車番線が表示されます。
[表示]→[当駅始発の列車に●印を表示する]を有効にすると、時刻(分)の左側に●印が表示されます。
運用機能が通常モードの場合、行き先は次列車接続タイプ・増解結・分割併合を考慮したものになります。
2.05EkiJikokuhyou-03.png
・次列車接続タイプが種別変更・列車情報変更・同一列車扱いの場合は、最終行き先を表示します。
・次列車接続タイプが種別変更の場合、その列車の右側に、種別変更駅・「から」・変更後の種別、が表示されます。
2.05EkiJikokuhyou-07.png
・列車が環状運転を行っている場合、行き先が「環状」または「環状線」になります
 A-B1-C-B2という路線(B2からB1に環状線設定)を例にすると、
 B1-C-B2という列車について、B1駅の駅時刻表において、「環状」と表示されます。
 B1-C-B2(列車1、終了作業の次列車接続タイプが種別変更・列車情報変更・同一列車扱いのいずれか)、B1-C-B2(列車2)の列車の組において、列車1のC駅の駅時刻表において、「環状」と表示されます。
 A-B1-C-B2という列車について、A駅の駅時刻表において、「環状線」と表示されます。
2.05EkiJikokuhyou-04.png
・分割(カスタマイズ時刻表で↴が表示されるケース)の場合、分割元の列車の行き先と、分割された列車の行き先とを並べて表示します。
・解結(上記分割に当てはまらないケース)の場合、解結された編成が路線外終着の場合は、分割と同様に並べて表示します。それ以外の場合(解結された編成がそのまま入区する等)は、解結駅は表示されません。
2.05EkiJikokuhyou-05.png
・併合(カスタマイズ時刻表で↳が表示されるケース)の場合、併合先の列車の行き先が表示されます。
なお、種別変更・増解結が複雑に入り組むような運用の場合、この通りにならない場合があります。ご了承ください。
運用モードが簡易モードの場合は、二つの列車が同一方向の場合(カスタマイズ時刻表で同じ列に表示される組み合わせ)でのみ、最終行き先・種別変更の表示を行います。
駅時刻表ビュー内の文字の内、タイトル、時、種別変更表示の種別変更駅と「から」については、「運用表・運用一覧・駅時刻表文字色」を用いて表示します。また、枠色には「運用表・運用一覧・駅時刻表枠色」を用います。
2.05EkiJikokuhyou-06.png
駅時刻表の任意の列車にカーソルを合わせ、ダブルクリックもしくは右クリックから「時刻表に移動」を選択すると、時刻表ビューの当該列車に移動します。
駅時刻表の任意の列車にカーソルを合わせ、右クリックから「ダイヤグラムに移動」を選択すると、ダイヤグラムビューの当該列車に移動します。

この記事へのコメント