OuDiaSecondとは

OuDiaSecondは、take-okm氏が作成した、ダイヤグラム作成ソフト「OuDia」を改造したソフトです。 オリジナル版→http://take-okm.a.la9.jp/oudia/index.html 秒単位の時刻表示に対応するほか、独自機能を搭載しています。

続きを読む

OuDiaSecond Ver2.05.02

正式版となります。Ver2.05での不具合修正もあるのでアップデートしてください。 インストーラパッケージ OuDiaSecond_2.05.02.zip OuDiaSecond_2.05.01.zip ソースコード OuDiaSecond_2.05.02.src.zip OuDiaSecond_2.05.01.src.zip OuDiaSecondV2は、Ver1.0…

続きを読む

OuDiaSecondV2 マニュアル目次

本体バージョンにより仕様が異なります。ご注意ください。 <番線/駅作業設定・表示、在線表> [Ver2.00~]番線設定と主本線設定 [Ver2.00~]列車への発着番線設定とデフォルト番線機能 [Ver2.00~]駅作業の概要 [Ver2.00~]駅作業の設定条件と駅時刻形式 [Ver2.05~]駅作業の編集 [Ver2.00~2.04.06]駅作業の編集[Ver2.02.03U…

続きを読む

OuDiaSecond Ver2.05β

<注意>ベータ版です、利用するファイルは、既存のファイルのコピーを取っておくことを強く推奨します。 また、通常版と異なり、ソフト本体のzipファイルを展開した中にそのまま実行ファイルが入っており、設定ファイル(iniファイル)も実行ファイルと同じ場所に作られます。 ソフト本体 OuDiaSecond_2.05.zip ソースコード OuDiaSecond_2.05.src.zi…

続きを読む

Ver2.04.06からVer2.05への移行における留意点

[Ver2.05~] 次列車接続タイプ・各駅での路線外発着表示欄の表示の追加及び、種別変更・「分割先列車にしない」「併合元列車にしない」の削除に伴い、Ver2.05でVer2.04.06で作成したファイルを開いた後は、必要に応じて駅設定・駅作業の再設定が必要になります。 ・路線外発着表示を利用している場合  カスタマイズ時刻表ビューでの路線外発着欄は、駅設定で有効にすることで表示されます。…

続きを読む

ファイル形式変更点

[Ver2.05] ファイルの頭に書き込まれるFiletypeを、 FileType=OuDiaSecond.1.09 からFileType=OuDiaSecond.1.10 に変更しました。 ○路線 OperationCrossKitenJikoku=[1] 「ダイヤグラム起点時刻を挟んで運用を接続する」設定が有効なことを表します。 値が1の場合(接続する)のみ、この項目が表示…

続きを読む

列車番号・列車名・号数の編集機能

[Ver2.05~] 「列車情報のコピー」機能は、列車番号・列車名・号数のみをコピーする機能です。Ctrl+Alt+C で使用できます。 また、列車の貼り付け時に、指定した値を列車番号と号数に加算していくことができます。 使用方法は時刻の貼り付け加算と同じです。通常のコピーと列車情報のコピーのいずれでも利用できます。 列車をコピー・切り取りした後、[時刻表]タブから[時刻表ビューのプ…

続きを読む

駅時刻表

[Ver2.05~] 駅時刻表一覧、もしくは(カスタマイズ)時刻表ビューの駅名欄で右クリックから「駅時刻表を開く」を選択すると、駅時刻表を開くことができます。 駅時刻表は、その駅を発車する列車を、時刻順に並び替えて、種別略称・時刻(分)・行き先を表示したものです。行き先欄には、駅の時刻表略称が用いられます。 駅時刻形式で、発時刻がない場合は駅時刻表の表示は不可です。具体的には、下りの下…

続きを読む

入出区連携

[Ver2.05~] 通常の運用接続は、次列車接続と前列車接続の組み合わせで行いますが、入出区連携コードを用いることで、入区・出区の組でも運用番号の引継ぎを行うことができます。 入出区連携を使うためには、組としたい入区作業と出区作業の入出区連携コードに、同じ文字列を設定してください。同じ文字列を設定した入区作業もしくは出区作業が複数存在する場合、入出区連携は無効になります。 入出区…

続きを読む

次列車接続タイプ(種別変更)

[Ver2.05~] 複数の列車を、一続きのものとして表現したい場合は、以下の手順で行います。 (1)各列車に、それぞれの種別・列車番号・列車名を設定する。 (2)先の列車の終着駅作業を編集し、終了作業を次列車接続にし、次列車接続タイプを「種別変更」「列車情報変更」「同一列車扱い」のいずれかに設定する。。 (3)後の列車の始発駅作業を編集し、開始作業を前列車接続にする。 (4)路線…

続きを読む