[Ver2.04.01~]
2.04.01OperationTableEx-01.png
運用表を開いているときに、メニューの[表示]→[箱ダイヤ形式で表示する]を有効にすると、運用表が箱ダイヤ形式で表示されます。
箱ダイヤ時に、表示される駅は、次の三条件で決まります。
(1)駅設定の[箱ダイヤ時、この駅の時刻を表示する]設定。
2.04.01OperationTableEx-02.png
各駅の「駅のプロパティ」内にある、[箱ダイヤ時、この駅の時刻を表示する]にチェックを入れると、その駅が箱ダイヤで表示されます。また、その駅を通る全ての列車の時刻・着発番線が表示されます(着発番線は設定により変更可能)。
なお、分岐駅(分岐設定をする側)は、この設定は不可となります。
(2)運用に含まれる列車の、始発・終着駅
運用に含まれる列車の始発・終着駅が、上記(1)に含まれていない場合は、箱ダイヤの表示に追加されます。
ただし、路線外始発・終着の場合は、データ上の始発・終着駅は追加されません。
この条件で追加された駅については、その駅を始発・終着とする列車のみ、時刻・着発番線が表示されます。
(3)路線外始発・終着の表示スペース
路線外始発・終着の場合は、(1)・(2)の表示駅の内、データ上の始発・終着駅から最も近い(始発・終着駅自身を含む)駅の一つ外側の駅に、路線外発着駅名と時刻が表示されます。ただし、データ上の始発・終着駅から最も近い駅が、表示駅の端になる場合は、その外側にもう一駅分のスペースが追加され、そこに路線外発着が表示されます。
2.04.01OperationTableEx-03.png
2.04.01OperationTableEx-04.png
(例)A-B-C-Dという路線で、X(路線外始発)-B(データ上の始発駅)-C-Dという列車の場合、
(1)A,Bが時刻表示駅の場合は、A駅のスペースにX駅名と始発時刻が表示されます。
(2)Bが時刻表示駅の場合、B駅の左側にスペースが追加され、そこにX駅名と始発時刻が表示されます。
(3)Cが時刻表示駅の場合、C駅の左側にスペースが追加され、そこにX駅名と始発時刻が表示されます。この場合、B駅については一切表示されません。
分岐駅の表示については、分岐元の駅に集約する形で表示されます。(例)A-B1-C/B2-Dの路線において、C駅が時刻表示駅で、B2-Dのみ運転する運用の箱ダイヤの駅の並び順は、B1-C(経由なし)-Dとなります。
2.04.01OperationTableEx-07.png

2.04.01OperationTableEx-05.png
各列車について、始発駅と終着駅の間に直線が引かれ、線の上側に着時刻、下側に発時刻が表示されます。連続する二本の列車が直接(入出区や路線外を挟まず)繋がっている場合は、縦線で接続します。
列車が経由無しの区間は、破線で表示されます。
出区列車の場合、始発駅の上側に○印を、入区列車の場合、終着駅の下側に△印を表示します。
路線外始発の場合、始発駅の上側に路線外始発駅名を表示します。路線外終着の場合、終着駅の下側に路線外終着駅名を表示します。箱ダイヤの線の色は、各種別のダイヤグラム線の色で表示されます。線の太さは全種別共通です。
箱ダイヤの時刻・番線等の文字色には、「運用・運用一覧表文字色」が適用されます。

2.04.01OperationTableEx-06.png
[表示]→[通過駅の駅時刻を表示する]で、通過(運転停車)駅の時刻の表示有無を切り替えることができます。
[表示]→[着発番線名を表示する]で、着発番線名(略称)の表示有無を切り替えることができます。。
着発番線表示が有効な場合は、基本的に着時刻の後ろに表示しますが、出区の場合・始発駅で前の列車と接続していて縦線で結ばれている場合・着時刻があり発時刻が空の場合、などは、発時刻欄に番線名を表示します。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。