OuDiaSecondとは

OuDiaSecondは、take-okm氏が作成した、ダイヤグラム作成ソフト「OuDia」を改造したソフトです。 オリジナル版→http://take-okm.a.la9.jp/oudia/index.html 秒単位の時刻表示に対応するほか、独自機能を搭載しています。

続きを読む

OudiaSecond Ver2.01.01

不具合修正と小規模機能追加です。 インストーラパッケージ oudiasecond.2.01.01.msi ソースコード OuDiaSecond_2.01.01.src.zip OuDiaSecondV2は、Ver1.04.09以前と併用可能です。 利用環境によっては、起動しない場合があります。 その場合は、「Visual Studio 2019 の Microsof…

続きを読む

OuDiaSecondV2 マニュアル目次

本体バージョンにより仕様が異なります。ご注意ください。 <番線/駅作業設定・表示、在線表> [Ver2.00~]番線設定と主本線設定 [Ver2.00~]列車への発着番線設定とデフォルト番線機能 [Ver2.00~]駅作業の概要 [Ver2.00~]駅作業の編集 [Ver2.00~]種別変更 [Ver2.00~]増結・併合/解結・分割 [Ver2.00~]始発駅・終着駅作業欄/前…

続きを読む

OuDiaSecond ver1.04.09

バグ修正です。 インストーラパッケージ oudiasecond.1.04.09.msi ソースコード oudiassecond_1.04.09.src.zip 利用環境によっては、起動しない場合があります。 その場合は、Visual Studio のダウンロードから、 「Visual Studio 2017 の Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ…

続きを読む

OuDiaSecondマニュアル目次

本体バージョンにより仕様が異なります。ご注意ください。 <番線設定・表示、在線表> [Ver1.03~]番線設定と主本線設定[Ver1.04Update] [Ver1.02~1.02.93β]番線設定と主本線設定 [Ver1.02~]時刻表ビューの番線表示設定、ダイヤグラムビューの在線表表示設定・番線編集モード[Ver1.04.04Update] [Ver1.02~]列車への発着番線設…

続きを読む

ソートの見直し

[Ver2.01.01~] 列車名・列車番号を優先するソートを追加しました。 列車種別によるソートも含めた、三種の違いは以下の通りです。 ・列車種別ソート 種別→列車名→号数→列車番号の順に並び替え判定を行う(従来通り) ・列車名ソート 列車名→号数→種別→列車番号 ・列車番号ソート 列車番号→種別→列車名→号数 また、列車番号及び運用番号の並び順ルールを変更しました。 1…

続きを読む

OuDiaSecond Ver2.01

大規模アップデート(V2)正式版の公開です。 インストーラパッケージ oudiasecond.2.01.msi ソースコード OuDiaSecond_2.01.src.zip OuDiaSecondV2は、Ver1.04.09以前と併用可能です。 利用環境によっては、起動しない場合があります。 その場合は、「Visual Studio 2019 の Microsof…

続きを読む

時刻表背景色設定・基準運転時分背景色設定

[Ver2.00~] 時刻表ビューのうち、列車時刻を表示する部分の背景色を変更できます。 まず、路線ファイルのプロパティのフォント・色タブから、時刻表画面背景色を設定します。 4つの色を設定することができ、これらの中から、ダイヤごとに使う色を選ぶことができます。 また、列車種別のプロパティから、種別ごとの背景色を設定することもできます。 加えて、種別色を適応した場合の表示見本を、「…

続きを読む

下り・上りダイヤ別名設定

[Ver2.00~] 路線ファイルのプロパティから、"下り"及び"上り"の別名を設定することが可能です。 空白だと、デフォルトの下り・上りがそのまま使用されます。 この別名は、以下のところに適用されます。 ・画面左側の路線ツリー ・時刻表ビューのタイトル(設定名+"時刻表") ・時刻表ビューの印刷ヘッダー ・駅番線、路線外発着駅名、列車種別を削除しようとした際のエラ…

続きを読む

駅間距離の任意指定

[Ver2.00~] ダイヤグラムビューにおける駅間の距離(縦方向の長さ)は、ダイヤ内の列車から、隣接する二駅両方に停車するものを抽出し、さらにその中の最小所要時間に基づき決まっています。 これを、駅のプロパティの「次駅までの距離」のボックスに数字を入力することで、長さを任意に指定できるようにしました。 この値は、秒相当となっており、120(2分)と入力した場合は、上記最小所要時分が2分の…

続きを読む